TEL:0120-56-0983 24時間受付・年中無休 資料請求・お問い合わせ 今すぐお葬式の手配が必要! お急ぎの方へ

『家族葬』

『家族葬』

近年、マスコミなどの影響もあり、身内や親族などごく内輪で行う葬儀を「家族葬」と呼ぶようになりました。昨今のコロナ禍の影響もあって、その割合は大きくなっています。ところが、家族葬には明確な定義や形がなく、解釈も人それぞれで違いますので注意が必要です。家族葬のメリットやデメリット、注意点などをまとめてみました。

 

1、こんな方におすすめ

・親戚が少なく、人付き合いの範囲も狭いため参列者が少ない方。

・ゆったりとした時間の中で、あたたかく故人を見送りたい方。

・周囲に気兼ねなく、親しい人を中心としたお葬式にしたい方。

 

2、家族葬のメリット

・弔問客に気を遣うことが少なく、落ち着いて故人とのお別れができる。

・参列者人数の変動が少ないため、予算が立てやすく安心である。

・心のこもった葬儀を行いたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態である。

 

3、家族葬のデメリット

・参列に制限を加えたことで、本来知らせるべき関係先に不義理を生じる場合がある。

・葬儀後、自宅に弔問客がバラバラと訪れることになり、対応に苦慮することがある。

・香典がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため遺族の負担は大きい。

・飲食接待費は低額だが、葬儀費用、宗教者へのお礼などは通常の葬儀と変わらない。

 

4、注意点

・故人(または喪主)の社会的な立場やつながりを考慮しましょう。

・「家族葬」という意向を、ご親戚の方などに十分に理解してもらいましょう。

・会社関係には、慶弔規定(ご香典・ご供物・弔電など)を定めている企業もあるので、どこまでお断りするか決めておきましょう。

山水社ではご家族を中心に、親しい方だけで慎ましく故人をお送りする最適なプランと式場をご用意しております。ご相談、ご見学は随時行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクター 中村 幸彦

PAGE TOP